睡眠薬の活用

medicine

初めて睡眠薬を飲んだときの感想です

自分は精神的に弱くてちょっとした悩みがあると眠れなくなってしまいます。子供の頃からそんなことがあり、当時は気にしていなかったのですが大人になって眠れないことがあると翌日の仕事に影響をしてしまうので睡眠薬を服用するようになりました。 初めは睡眠薬を飲むことに抵抗がありました。始めは内科で睡眠導入剤をいただいていたのですが眠れない時期が長く続いたりするので精神科に移りました。そこで相談をして安定剤と睡眠薬をいただくようになりました。 初めて睡眠薬を飲んだときは朝まで眠れたのですがだるさが残り辛かったのですが何度か薬を変えてやっと自分に合うものをを見つけることができました。今では眠れないときだけ服用してコントロールをしています。健康保険が使えるので価格的にはそんなにかからないので助かりました。

眠れることは素晴らしいことです

普段から眠りに対してプレッシャーがあったのですが睡眠薬を服用するようになってその不安がなくなりました。いつでも眠ることができるという安心感はそれまでの眠れなかったらどうしようという不安を払拭してくれます。 自分のように睡眠薬を服用している人はたくさんいるそうです。精神科にかかる人も現代はストレス社会なのでたくさんいるそうです。昔であれば精神科と聞けば敷居が高い感じでありましたが今では多くの人が診察を受けに門を叩いているのです。 睡眠薬を飲むことで多くの人が眠ることに対して不安から脱出しています。その不安がなくなれば気持ちも落ち着いて睡眠薬が無くても眠れるのかもしれません。薬と上手に付き合うことが大事だと思っています。